男女

保育園開業はコンサルの力を頼る!各種手続きも代行してくれる

言語の壁を乗り越える

インドネシア

ASEANの中でも、経済成長率が高いインドネシアでは、多くの日系企業が進出しています。なぜなら、豊富な人材が存在しているので、現地に会社設立をしても、問題なく人材を集めることができます。それに、消費も活発なので、たくさんの製品を現地で販売したら、高い確率で購入してくれるのは間違いありません。インドネシアでの会社設立をしてビジネス活動を遂行すれば、それなりの利益がもたらされるのは確かといえるでしょう。それに、親日国でもあるので、現地人と良好な関係を構築できるので、高い確率でビジネスを成功させることができます。そのため、初めての海外進出先を選ぶならインドネシアがおすすめといえます。

インドネシアへの会社設立をして運営することになったとしても、100%成功するとは限りません。なぜなら、親日国であっても使用する言語が異なります。海外進出をするなら、英語は万国共通語なので英語堪能な社員を駐在させれば問題ないと考えてしまいます。しかし、インドネシアでは英語は第二外国語の部類に入っているので、ほとんどの人は流暢に話せるわけではありません。仮に流暢に話せる人がいても、お互いの意思疎通がスムーズにできるとは限りません。そんな時は、会社設立をサポートするコンサルタントを利用するのがおすすめです。コンサルタントなら、インドネシアのお国柄やニーズを把握しているので頼りにできます。また、マーケティングでも現地語を理解しているので、正確な結果を教えてくれます。